売れる住宅の販売方法 通る住宅計画企画書 様々なCGイメージ説明図の作成

                                                                     サイトマップ

「売れる住宅の販売方法 -絵描きが描く建築パース」タイトル上の帯

売れる住宅の販売方法 -絵描きが描く折れる建築プラン」タイトル

ロマンチックでオシャレな住宅プラン-売れる分譲住宅の見本02

「女性が好むこれから売れる住宅プラン」:ロマンチックでオシャレな住宅プランを描きます。
図面無しでゼロから考えて絵で提案します。「イギリスのコッツウォル風」とか「フランスのプロバンス風」とかご指示ください。
                                                       画像をクリックで詳しいページに飛びます

ロマンチックでオシャレな住宅プラン-売れる分譲住宅の見本03

「女性が好むこれから売れる住宅プラン」:ロマンチックでオシャレな住宅プランを描きます。
図面無しでゼロから考えて絵で提案します。「イギリスのコッツウォル風」とか「フランスのプロバンス風」とかご指示ください。

「これから住宅は売れるのか?

「これから売れる住宅プラン」とは

「建築パース」とは

上の黄色い四角をクリックしてください。「これから売れる住宅プラン」に付いて詳しく書いております。

女性が好む「売れる住宅プラン」を図面無しで描きます。

オシャレな設計の参考になります。お試し下さい。

売れる住宅販売の方法-マンションのパースサンプル1 売れる住宅販売の売れる方法-マンションのパースサンプル2

売れる住宅販売の方法-戸経て住宅のパースサンプル 売れる住宅販売の方法-住宅内感のパースサンプル

売れる住宅販売の方法-共同住宅 売れる住宅販売の方法-小規模マンションのパースサンプル

ファーストフーのパースサンプルド 売れる住宅販売の方法-マンションのパースサンプル

下の絵は10年以上前に作成した絵です。当時はフォトリアルという方法では無く、絵描きが手で加筆をしておりました。

野球グラウンドのパースサンプル

形も自分で考えた絵ですが、ビルの外装は昨今流行のカーテンウォールのペラペラ素材ではなく、梁や柱が外側迄来る少しクラッシックなデザインにしました。
「日本の都市の建物デザインはつまらない」という世界的デザイナーの意見を見かけますが、私もそう思います。
図面が無くとも例えば「ロマンチックでちょっとクラッシックで」とかという様なご指示が有れば提案の絵を考えて描きます。

衰退する地方の活性化「地方創生」の提案説明図の作成を承ります。

「ますます活気が無くなる地方をなんとかしたい」とお考えの方々に文章ではなく、説得力の有る説明図で理解を得る方法は如何でしょうか?
今、何か積極策をしない事には取り返しが出来無くなります。また地方同士の転入者集めの競争でもあります。ご依頼をお待ちしております。

ホーム パース作成方法の特長 プロの作成方法 作業の流れ プロの作成方法 見本一覧 プロの作成方法 プロフィール プロの作成方法 概要・料金 プロの作成方法 お問い合わせ

売れる住宅販売の方法-建築パースのメニュー項目

都市計画の説明は「文章」より分かり やすい「絵」で
都市計画の説明は「文章」より分かり やすい「絵」で

まちづくり・地域活性化策の効果的な 提案説明図
まちづくり・地域活性化策の効果的な< 提案説明図の作成を承ります

不動産広告用に3DCGベースに手描きで制作
不動産広告用に3DCGベースに手描き で制作

コンペの 提案説明図を制作
CGで広告販促営業ツール・コンペの 提案説明図を制作

人物イラストで他には無い雰囲気を描くCG
人物イラストで他には無い雰囲気を描 くCGです。

SPプランニング、売れる為の提案 ビジュアルの制作
SPプランニング、売れる為の提案 ビジュアルの制作

CGに手描き人物で効果的な雰囲気を表現
CGに手描き人物で効果的な雰囲気 を表現

建築パースに繁昌店のにぎわいで店内の 雰囲気描写
建築パースに繁昌店のにぎわいで店内 の 雰囲気描写

イベント風景や展示会プランの説明
イベント風景や展示会プランの説明に は人物が不可欠

人物イラストのストック
<人物イラストのストックを更に少し
づつ 増やしてます。

ストリートビュー
ストリートビューで魅力的な世界の 住宅 環境をご覧になれます。

建築パースの代表的なリンク項目

サイトマップ 
パース作成方法の特長
制作作業の流れ
プロフィール
QアンドA 
概要・料金

都市計画のプレゼンテーション
都市計画のプレゼンテーションの見本1
都市計画のプレゼンテーションの見本2
都市計画のプレゼンテーションの見本3
都市計画のプレゼンテーションの見本4
都市計画のプレゼンテーションの見本5
まちづくり郊外の駅の説明図
地域活性化策の提案説明図の作成

住宅パース・その他のCGパース見本例

住宅パース・マンションのパース見本1
住宅パース・マンションのパース見本2
住宅パース・マンションのパース見本3
住宅パース・マンションのパース見本{4
戸建て住宅の内観見本-動画1 
戸建て住宅の内観見本-動画2 

営業ツール説明図/通るプレゼンテーション

通るプレゼンテーションの説明図見本1
通るプレゼンテーションの説明図見本2

CGパースの特徴

販売促進の営業ツール制作

販売促進のパース見本1
販売促進のパース見本2

3Dパースと人物イラスト

店舗・商業施設の内観外観パース
店舗パース・商業施設の内観外観見本1
店舗パース・商業施設の内観外観見本2
店舗パース・商業施設の内観外観見本3
イベント展示会のイメージパース
イベント展示会のイメージパース見本1
イベント展示会のイメージパース見本2
イベント展示会のイメージパース見本3
人物イラスト サンプル
人物イラスト・消毒ルーム
制作方法の特長・見本一覧・制作の流れ
・QアンドA・プロフィール・概要・料金
などの案内ページ

建築パース関連の記述1
建築パース関連の記述2
建築パースと遠近法について
地域活性化策の提案説明図の作成
建築パースと遠近法に付いて
世界の住環境
売れる分譲住宅の見本-02
売れる分譲住宅の見本-03
失敗しない為の住宅建築の予備知識-1
失敗しない為の住宅建築の予備知識-2
提言「建築パース屋の地方創生-1」
提言「建築パース屋の地方創生-2」
提言「建築パース屋の地方創生-3」
街のデザイン-1 日本の市バスと欧州の市バス・市電

当方のパース制作の特長は、

キャリアの半分以上を広告分野でプレゼンの絵を描いて参りました。
ただ平面製図を立体にという感覚では無く、「絵を描く」と言う感覚で建築パースを作成しております。

添景人物は写真では無く手描き人物で「情景描写のパース」が特長です。
当方以外のパースは例外なく切り抜き写真のペーストで特徴的な雰囲気描写で差別化が出来ません。

画一的では無く、競合プレゼンでは選ばれる為にやはり上手い絵を並べたい。
プレゼンで通るか落ちるかで結果は大きく違ってきます。やはり競争に勝つ事に意味が有ります。

リアルでありながらも「味わい」を重視して他と差別化したい。
手描きでも軽いイラストタッチの添景では重厚さに掛けます。
QアンドA                                更に詳しく              
疑問点がございましたら、お気軽にお尋ね下さい。

概要・料金                                更に詳しく
説明図全般の守備範囲が広く、各分野の絵で料金設定を少し変えております。
資料添付でお問い合わせ頂ければ即答できます。

プロフィール                               更に詳しく
長い間広告業界でプレゼン用のイメージ図を作成して参りました

「ふた通り」の説明

コRンペyÅAプレゼンで勝てるパース屋は数多くは居ません

まぎわでは無く、成るべく早めのご依頼をお待ちしております。
お気軽にメールをして下さい。
お問い合わせ
建築パースの料金、制作日数などは、図面資料添付のメールでお問い合わせ頂きますと即答出来ます。
建築パース作成のプレゼン工房

TEL 045-532-8828
224-0037横浜市都筑区茅ヶ枕闢-12-15-204

プロフィールをご覧になりますとお分かりになると思いますが、当方は20年程広告分野でプレゼン用の絵を描いておりました絵描きで
す。大変珍しい仕事でした。 時代が手描きからPC時事代に代わって、当方の仕事をPCを使った建築パース制作へと変えて参りました。
一時期、広告分野と建築分野掛け持ちでしたが、今はやはり建築分野の案件が多くなり、現在に至っております。
CGパースと言いますと、3Dソフトで立体製図を作成しますと自動的に立体画像が出来上がりますが、それだけでは他の多くの画像と
変わり映えが無い無機的なものに留まってしまいます。
そこで、経歴を生かして手で加筆で多少なりとも絵的な味わいを加えているのが当方の特長です。
絵描きが画材の1つとして3Dソフトを使うとお考え下さい。

添景人物はパースの添え物ですが、今どき大差ないパースそのものよりも、
出来るだけ「うまい添景人物」が競争で通るか通らないかの大きな説得力を持ちます。

イラスト見本

以前のCGパースは光が当たったままでした。最近の3Dソフトは2次光の表現方法が普及しましてソフト結果だけでは余り差が
無くなりました。
簡単な形状では計算時間には殆ど影響有りませんが、例えば街並や都市計画関連では膨大な計算量となり、2次光表現が出来ない
場合が有ります。

                     1次光表現と2次光表現の違い

説明図

形状作成で、どんなものが難しいか

下の絵の中でどういった形状が最も手間が掛かるでしょうか?
答えはこちらです。

建築パース作成-どんな形状がパース作成で難しいか?

良い建築パース屋を探す目的は、

A. 行政等の設計コンペで自信が有るのでどうしても選ばれたい。
設計には自信が有り、落ちたら元も子も無いので、料金よりパースの仕上がり具合で決めたい。

B. お客さまにプレゼンで、設計説明したいが予算は削りたい。
競争では無いので予算は削りたいが、それに依ってお客さまの印象が悪くなる絵ではまずい。

C. 顧客獲得の営業用ビジュアルとして使いたい。
やはり上手い絵を並べたい。

D. 設計段階で、ビジュアル(完成形状、色)を確認しながら進めたい。
あまり仕上がりにシビアでは無いが、まずいパースでは目的を満たさない。

だいたい以上の様な理由かと考えますが、最近の3Dパースはハッキリ言ってそのままではあまり差が有りません。
何ごともそうですが受給バランスで料金設定は出来ています。暇な稼業は自ずと低料金になります。当方は高くも無く
安くも無くの料金設定です。
図面資料をメール添付でお送り頂ければ日数料金を即答できます。拘束日数で料金を勘案しております。
どの描き手を選ぶかはお客さまのご判断です。当方は他とは違って長い間広告業界でプレゼンの絵を絵が痛いて来
ました「絵描き」である事が特長です。
費用対効果でお選び下さい。どうぞ宜しくお願い申し上げます。


キャッチ-勝つか負けるか

プレゼンは勝てる確立は少ないですが、勝てないと意味が有りません。当方は広告業界で長い間競合プレゼンの説明図と言うものを描いて参りました異色のパース屋です。
勝ってナンボの世界です。凡庸な絵でプレゼンに臨んで負ければ大きな悔いが残ります。やはりプレゼンは勝たなければ意味が有りません。最近のCGパースは殆ど特長が無くなりつつ有ります。
そんな中で当方は出来るだけ効果的な「絵」を作成して競争で印象に残るパース制作を心掛けておりますので、どうぞよろしくおお願い申し上げます。/P>

2次光の表現 1

地味な絵ですが、現実のお仕事は必ずしも絵になる構図のものは少なく、限られた敷地の中に増築工場棟であったりと言ったものが多いです。
この絵は北からの眺めで逆光になります。多くの場合「構わないから北から太陽光あてて明るく描いて欲しい」と言われますが、
自然な逆光でも雰囲気は描写で出来ているので「逆光」のままでの表現をお勧めしています

建築パース2次光の表現-1

2次光の表現 2

下の見本は制作が難しいパースではなく、特徴的な絵では有りませんが、シンプルなだけの2次光の表現が分かりやすいので並べてみました。

建囃zパース2次光の表現見本2

下の帯び画像


当方は総合的な説明図屋です

建築パースと並んで、様々な『展示会説明図の作成」が当方の主立った守備範囲です。
私達日本人は、物事を「文章」で説明しようとする。特にパンフレットや企画書の営業説明では出きるだけ高尚な文章(難しい文章)で説明しようと考える。
しかしこれは見る側にとって効果的では有りません。長い文章の固まりではまず読んでは貰えない。 海外では出来るだけ「絵」で説明します。なるべく
レベルが高く分かりやすい描写で説明するとその事業や潤§品iのイCメージアップが計れます。当方はそう言った目的Iの絵を作成しております。

展示会説明図画像見本10

展示会説明図画像見本11  展示会説明図画像見本12

展示会説明図画像見本13  展示会説明図画像見本14

展示会説明図画像見本-什器の説明 


人物イラストを描くパース屋
人物イラスト見本の案内

当方は元々「人物イラストを描いておりました絵描きです。人物イラストの見本ページはすぐ上の「イラスト見本ページはこちら」をクリックして下さい。
3Dソフトでパースを描く事は今どき当たり前で、そのオペレーターも沢山いて不自由はしません。仕上がり具合も大差ない。しかし、その画像にはどれも人物が描けない。
多くの場合人物写真を貼っていますがどうしても違和感がある。そんな場合当方がその人物画の作成を承ります。しかし、その料金はパース制作より高くなります。
当方の下のパース画はあらかじめ写真を見て描き貯めた絵をパース画像にペーストしていますが、
ストックの人物1体作成に平均2時間程度掛けて描きました。2000ピクセルの絵を縮小して使っています。
外観の場合は通行人を入れるだけなのでストック画像で充分で問題無いですが、問題は「内観」の場合です。
例えば広告で『屋上テラスで知人を呼んで「バーベキューパーティー」と言った設定場面が欲しい』と成った場合、お手上げですね。
「ラウンジで待ち合わせ」「レストランで食事」と言ったシーンの情景場面でも同様です。固い壁床家具だけを無くのではなく、シーンの描写の絵を描きます。
わざわざその為の撮影をしますか?  写真ではもともと違和感も有る。しかし当方はそういう絵柄を描きます。出来は丸写しの7割程度の仕上がりと思って下さい。
人物描写に大変手間が掛かりますので高額になります。簡単な事ではありません。小説の挿絵制作の何倍もの手間が掛かります。
昨今人物を資料無しでリアルに描く描き手は全くおりません。描き手は日本中で当方だけです。ネットで納得がいく迄捜してみて下さい。
料金はご指示の絵柄を拝見して勘案します。また、登場人物の服装、年格好などを把握したいので参考画像添付は必須です。トレースする訳ではないので、ポーズは違って構いません。
宜しかったらご検討下さい。作成時間はパース制作よりずっと手間が掛かると思いますので、お時間も頂戴します。ご相談をお待ちします。

以下は全て10年ほど前の見本で、現在の見本例は載せません。人物画像は今も使っているもので人物タッチは同じです。

売れる販売方法の説明図作成。日本中で当方だけの人物イラスト制作例。現在人物ストックは何百と有ります。

パースそのものよりも、むしろ「描いた添景人物の雰囲気」で説得力が決定的に違ってきます。評判も良い。

車や植栽や人物写真データの様に、「添景人物画を売って欲しい」というメールが今迄複数有った。またゼネコンからも多分これが目的だろうアポイントも有った。
アウトソーシングに守秘義務は当然承知。競争相手はおりません。日本中で当方だけが描く絵です。
しかし当方の他には無い特徴である人物画を同業者に販売する事は、自分の首を絞める事に成る事は容易に想像出来るので、勿論販売はしません。
販売していない筈ですが、もし同じような絵を見かけた場合はそのページなり画像を教えて下さい。
他には無い人物を描くパース屋です。人物イラストがメインでは有りませんが説明図の中に人物を入れて説明をすると大変分かりやすい事が多いです。
人物描写のパースは日本中で他には有りません。当方だけが描くユニークなパース屋です。 当方の経歴は、長い間広告業界で「プレゼンの展示会説明図」を制作して参りました。
勝った負けたが当たり前の世界です。
プレゼンに通るか負けるかで結果は大違いです。まず何より「勝てる絵」が大前提です。そう言う仕事を現在のパース作成にも生かして展示会パースを制作しております。
販売促進や各種イベント展示会の絵は、人物のにぎわ不可欠で同様の描き手は他にノはおりません。日本{中で当方だけの特長です。

                        各絵をクリックすると少し大きくご覧になれます。

展示会パース見本-16 展示会パース見本-17
展示会パース見本12  展示会パース13
展示会パース見本  展示会パース見本15
展示会パース見本16 展示会パース見本17
  展示会パース見本18

プロのプロの展示会パース見本-19 プロの展示会パース見本-20

展示会パース見本-21  展示会パース見本-22

展示会パース見本-23 展示会パース見本-24

 お仕事は、今迄のキャリアから建築設計分野だけでは無く幅広い分野のイメージ説明図を制作しております。 対応エリアは、東京都
神奈川県、 千葉県、 埼玉県はじめ全国、日本語の通じる所全てから承っております。

このエントリーをはてなブックマークに追加
FaceBookの画像

twitter


ブログに時々建築パース屋にまつわる四方山話を書いて行きます。時々ご覧下さい。
ここにはその抜粋を書いて行きます。


マンション建設反対!のパース制作依頼
或る日の朝、電話でパース制作依頼があった。
内容を聞いてみると、そのお宅のすぐ南側に大きなマンションが建つ計画で、建つと日中日陰になる。建設反対のアピールの為のパース制作を依頼したいという話だった。
で、数日後カメラを持って現地に行ってみると、なるほど境界線の南側に大きなマンションが建つ様だった。
しかし、この依頼者のお宅は、建物から1m半南が境界線で、つまり、境界から間地ブロックを2m程積んだ上に南向きに切り妻型でギリギリ建物が建っている。まだ築5、6年だろうか。
劣悪な東京圏でもあり得ない計画だ。
間地ブロック上に1m強の水平コンクリートを境界線まで持ち出して(突き出して)それを庭?としているのである。現況、境界線の南側は、自動車教習所だったらしく日当りは良い。
マンションが建つと上から掃き出し窓の中が丸見えになりそうだ。日も射さず,終日レースカーテンを閉めて暮らす事になりそうだ。
用途地域は、準工業用地だという。
私は黙っていたが、この物件を購入した依頼者にミスが有った様に感じた。
準工業用途地域の住宅、敷地の南側ギリギリに建った住宅をうかつに購入した事など、最低限の基準法も頭に無かったという事が災いしたようだ。
しかし多くの人がそうだろう。「建築基準法」など/頭には無い。その基準法すら世界的に見ると幼稚な物なんだが・・。
法的に訴える根拠は無さそうだ.。
つづきはブログで

「創造力」は資源
戦時中、"生めよ増やせよ!"というかけ声が有ったそうな。
戦争を20年以上も続けるつもりだったんかいな。狂ってましたな
いや,今もそういう国は有りますが・・。
"子供は国の宝"とは今でも時々言われます。
確かに子供の数が減った国は希望が持てない。マグロとウナギと日本人は絶滅危惧種!!
これから発展する国は、インド、ブラジル、ロシア?はこれから飛躍的に経済発展すると言う。
その訳は、今後人口が飛躍的に増えるからなのだそうだ。
話は違って、最近はゴミを分別する程純度の高い「資源」になるそうで「分別」はどこでも盛んだ。
で、「創造力」こそが資源、豊かさの源ではなかろうか?
PCの発明は以前にも書いたが、ipadという商品やグーグルアースやストリートビューなどまさにドラえもん的発想力から生まれると思う。
こういうものをどんどん発明するアメリカではドラえもん的発想を馬鹿にしないようだ
携帯電話は一旦発明されると日本中の会社が改良して似た様なものを作る.が,その枠からは出ていない。
新しい発想は,毎度海外からだ。こういう事(創造力)こそが資源と思うのですが。
つづきはブログで

多くの仕事がネットにシフト
送られてくる宣伝メールの中で「建築費の概算計算を承ります」というのがあった。いわゆる「積算」というやつであろう。
つまり、「アウトソーシング(外注)でこれを請けます。」という事だが、受注競争で設計内容と合わせ「見積り額」というのは最も肝になる部分だ。
社運がかかった秘密の部分でもあろう。
以前、皇居半蔵門の改修工事を入札で他の業者を退け1円で請け負った業者があったという。
むろん、膨大な赤字だがキッチリ仕事をして知名度を上げる目的であろうと思う。
同じく、前の大蔵省の印刷物を破格の値段で請ける印刷業者の事例も聞いた事が有る。
斯様にシビアな部分だが、果たしてそれ(概算計算)を見ず知らずの者に依頼をするのだろうか?
建築では「構造計算」と並んで「見積り」(積算)というのはそういう知識が要る専門職なのだろう。
ちなみに構造計算というので問題になったのがあの「あねは事件」じゃね。
「何もかもがネットで」というのは、以前から予想している事だが、さすがこれはねぇ・・果たしてうまく行くのだろうか?
つづきはブログで

「まちづくり」の絵の制作依頼
かねてから「まちづくり」の絵のお仕事の話が有りまして、約束の本日連絡が有り聞きますと、打ち合わせをしたいが資料は何も無いという。
「ええ?っ!」です。「パース屋ですから図面の代わりになるご指示が無い事には街の絵が作成出来ない」と言いますと、「こまった?」という。困ったのはこっちです。
最初他の絵を添付説明されてそれをアレンジするという話だった。当日迄にそのスケッチを用意しておいて欲しい旨を話して電話を切った。
しかしそれが出来て無いという。当日ドタキャンされた事になります。先方は、プロなら逢って話を聞いてもらえばそんな感じの街を作成してくれると考えたらしい。
たまりません。予定が何日分か開いてしまった。説明した筈なのに
つづきはブログで

デザイン会社というと・・
宣伝メールを送るため何年ぶりかで都内や港区中央区という範囲でデザイン会社を検索した。
当然の様に途中まではWebデザイン、広告デザイン会社がリストに並んでいたが、後半は徐々に建築デザイン、店舗デザインの会社が多くなった事に気がついた。
これは確か数年前には無かった事と記憶している。
ここ数年で都内の中心部に建築設計会社が増えたという事だろうか?いや、広告ザイン会社が減ったと考えるべきか・・。正しい理由は分からない。
で、そのリストから広告制作会社宛に宣伝メールを送った訳だが、1500件程の中に何件か間違えて建築デザイン会社宛に同じ内容の宣伝をしてしまったようだ。
メールを送って、届かず戻って来るメールの数で景況感が分かる。
つづきはブログで

Macに2つのOSを入れた
昨日、OS10.6を入れるHDDを買いに秋葉原まで行ってきた。
購入して自分で入れても良かったが、MacProに別途HDDを入れた事が無かったので雨の中わざわざPCを持ち込んで入れてもらった。
早速本日10.6を入れてPainterやPhotoshopを入れて動かしてみた。ブラシの設定も終わって、
やはり、これなら快適にペンが動く。
つづきはブログで

説明図の制作 イメージ図の作成
「説明図の制作、イメージ図の作成」という看板を上げようかと考えている矢先に、或るゼネコンから大きな仕事を依頼されていたが、これが全くお粗末な指示だった。
未来都市的な絵という事であるが、「指示方法の具体的イメージ」を伝えたつもりであるが、やっと届いた指示は「丸書いてちょん」的なお粗末なものだった。
大きな会社でPC環境も人材も整っている筈と思うが、こんなお粗末な指示しか出来ないのかとあきれた。
「当方は魔法使いでは無い、ご縁が無かった」旨を伝えて電話を切った。
つづきはブログで

守備範囲
もう10年以上になる建築パース屋の守備範囲を少し変えようと考えている。
いわゆる建築設計分野のパース制作は、手順さえマスターすれば今は高度なレンダリングであるが故、その仕上がり結果は殆どどこも変わらない。個性、差別化が難しい。
形状を創造して絵柄を作っていくのであればそこで個性も出るだろうが、実際は建築士の作成したCADに沿った形状をそのまま立体描写するだけだ。
これでは創造性を発揮する場所は無い。とどのつまりは値段の競争で勝負するしか無い。
あらゆる商品に於いて、価格は安いの高いの其々倍程の差はあって購入者がどの価格帯かを決めて購入するのが普通である。
しかし、建築パースの料金は相場の2割高ければ見積もりで殆ど落ちてしまう程である。
つづきはブログで

久しぶりにPainterに取り組んだ
使わなくなって久しいPainterを使おうとしたら、OSが新しくなっているので10は使えなくなっていた。
しかし、このまま使わないのは絵が描けない事で、いつかなんとか使える体制にしないと・・とかねがね思っていた。
ソフトを買い直すか、(実は同じ失敗を以前にもしていて6から10に、今度10から13と同じドジで買い直すのもなあ・・、)
とりあえず古いOSのPCで使ってみるが、もう使い方を忘れてしまっている。
タブレットの筆圧調整が旨く行かない。古いPC,タブレットとPainterとの相性の問題でこれは致命的な事で使えないと思っていた。
ところが、今日調整方法の発見も有り、本格的にブラシの案配とかの調整に励み、なんとか使える迄にはなった。大きな儲け物をした気分だ。
あとは操作に慣れて、以前のような操作の勘を取り戻しさえすれば、買い直さずともこんなPCでも使えそうなので、このまま特訓をして以前の様に手で人物を描こうと思う。
つづきはブログで

ラジオ計算
今後は簡易レンダリングに手で加筆で仕上げる事は止めてレンダリングは、全てラジオだけにしたい。
ニーズはフォトリアルが一般的であるため簡易レンダリングを使う事は今の時代具合が悪い。
今までラジオは作業能率が悪く用途に応じて時々使う程度であったが、今一度作業効率の良いラジオでの作成方法を見直して、徹底的にラジオレンダリングを極める事にする。
早速、詳しいラジオレンダリングの本を注文して勉強し直す事にした。
いままで形状作成自体よりもラジオ使用の際のレンダリング不具合回避に多くの時間を取られている訳で、この不具合解消を研究すればこの点大幅な時間短縮になる筈だ。
つづきはブログで

3Dソフトのお試し
新しい3Dソフトを試して4ヶ月結局断念した訳だが、パース制作というものは変更指示の繰り返しである為、テキパキそれに対応出来ることが重要である。
単に図面通りに作成すれば仕事が終わる訳ではないので、この変更指示にいかに対応出来るかにソフトの能力がある訳で、その点でも新しい3Dソフトに変えるにはやはり無理が有ったと今も思う。
一方もし新しいソフトを試していなければ今も試そうか止めようか悶々としていた事だろう。
安い買い物ではないが、1ヶ月のお試し期間では本当の内容は決して分からない。
つづきはブログで

出版社のHPを覗いてみた
以前にも一度覗いてみた事が有るが、今回まとめて沢山の出版関係のHPを覗いてみた。
そこで感じた事は、総じてどこもネット時代にシフトしていない。力入れていないと言った印象は共通している。大変使いづらいHPデザインだった。否デザイン感覚と言った事すら感じなかった。
訪問者が「どこにお問い合わせボタンが有るのだろう」と言った配慮にはおかまい無し。
HPなんかどうでも良いと言った感じに見えてしまう。
次に、総じて画面が小さい。文字が小さい。ワイド画面のモニターが一般的になっているのに10年以上前の感覚で横800ピクセルも無い画面も多かった。
つづきはブログで

仮想win
5年ぶりか、新しいWin仮想ソフトを入れた。
以前入れていたが、使う頻度は少なく知らない間に使えなくなっていた。
インストールは最初はちんぷんかんぷんだったが、電話サポートに長電話でやっとインストール出来た。
しかし、もう一度一人でやれと言われたらきっと出来ないだろう。
判らない事は一人でもがいていても始まらない。聞けば無駄な時間の節約になるし、やはり聞いてみて良かった。
所はこれだけでは無かった.一難さって又一難。
それを今回新しく入れ直して使える様にしたのだが、目的の使いたいアプリがWinxpではインストール出来ない事が判って、さてどういう事だろうと別のソフトメーカーにまた問い合わせてみた。
つづきはブログで

やっぱり案じていた通り
購入前に市販の参考図書などは無い事は知っていた。
実際注文してみると、ソフトのDVD1枚が送られて来ただけである。
購入後、使い方説明資料など全くない。むろん参考図書など無い。最低限を覚えるのにずいぶん長い時間を費やしてしまった。
あまりに分からないのでネットであれこれ調べる事になるが、やはり同じような不満は多いようだ。
最低限書いているヘルプについて、ネットのある書き込みでは「あれは辞書であって全く分かりにくい」という。全く同感だ。これほど配慮を欠く必要が有るのだろうか?
購入検討者がネットで書き込みを見れば、購入を躊躇するであろう。私の場合はうかつであった。
いや、購入だけではない。サポートに付いても言えます。
つづきはブログで


Copyright(C)2006建囃zパース・情景描写でユニークなプレゼン工房.Allrights reserved.