建築パ−ス-プレゼン工房建築パ−ス-プレゼン工房都市計画のプレゼンテーション>オシャレな商店街のプラン CGパ−スのプレゼン工房

パース見本一覧 都市計画のプレゼンテーション 住宅パース・その他のCGパース マンションパース・他の建築 販売促進の提案説明図 イベント企画のイメージ 人物イラスト2
住環境の国際比較  都市計画のプレゼンテーション 住宅パース・他の建築  プレゼンテーションの説明図  情景描写とCGパース 
販売促進の提案説明図  3Dパースと人物イラスト  店鋪パース・商業施設の内観外観  イベント企画のイメージ  人物イラスト

ホーム パÅ[スX作成ャ方法の特長
ALIGN= 作業の流れ 見本一覧 プロフィール 概要・料金 お問い合わせ


「魅力的な商店街へ再生」プラン

日本中の商店街が寂れて買い物客が来ないという問題ですが、昨今ますます深刻になっている様です。
いままで建築設計事務所やゼネコンに依頼して満足なプランが得られましたでしょうか?元来当方は絵描きですが、これに限らずこういう「プランニング」が得意です。
ここに見本に上げましたのは工場跡地など何らかの一団のまとまった土地に、多くの女性が関心を示すテーマでオシャレな商業施設を考えてみました。
この見本は「19世紀の欧州の小さな町の繁華街」といったテーマで作成してみました。若い女性には注目されると考えます。プランはこの他にも様々考えております。
こういう考え方の商店街は今迄無かったと思います。
ターゲットは若い女性それも行動転機の女子高生以下の年齢でしょう。
少子化で私立高校は生き残りを掛けて制服デザインをチェックのスカートなどオシャレに変えた様に、若い女性に対して如何に魅力的な町の景色であるかが重要です。
今迄この点に着目しなかったが為に、大学受験を理由に多くが東京へ出てしまった。
もし仮に、日本のどの地方も互いに競争で早い段階から若い女性に対応して町の景色をオシャレ感覚に心がけていたなら、女性は生まれ育った町を捨てなかっただろう。
東京一極集中は無かっただろう。

「地方の活性化」策について、今迄いろんな人が様々な意見を言いますが、どれも皆抽象論で効果が無く地方はますます衰退して来ました。
「左脳」ばかりで「右脳」を使えない「左脳人間」の理屈だけの抽象的意見では効果は有りませんでした。実際必要な事は「右脳」で考えたオシャレなデザインの「具体的創造性」です。
「江ノ島のビーチとベトナムのビーチ」の画像をご覧下さい。どちらが先進国の景色でしょう。若い女性がどちらを選ぶかは明らかです。
言う迄有りませんが、男の感覚と女性の感覚は異なります。このページをご覧ください。「左脳感覚と右脳感覚」に付いて書いております。
中国の広州という街の景色です。またこんなページも作りました。日本のデザイン感覚は世界から大きく遅れていますが、これからこれが若い人の行動にどう影響するのか・・。
若い人達に注目される為には、まず何より年配者の感覚は排除してオシャレに生まれ変わらない事には「地方活性化」の願いは叶いません。ますます衰退して行くばかりでやがて「消滅」とも言われます。

小さなパステルトーンの店舗が軒を並べると言った雰囲気ですが、実は建物は一体に成っています。
例えばクリーニング店やDIY店であってもオシャレにテーマパークの様に「ショッピングを楽しむ商業施設」という考え方です。こういう考えが今迄無かった。
このプランでは建物は敷地の中に分散して建てて建物の中も仕切らず、棟割りでありながら内部でも行き来出来る様にしました。
建て方はツーバイフォーをイメージしましたが、どんな建て方でも可能だと思います。
オシャレな商店街
テーマパークの様な商店街  (制作日数 8.0日)

店内は小物雑貨屋の隣りがお菓子屋さんだったりと店内を行き来出来る様にしました。これはTDLのテーマパークの考え方と同じです。
夜の施設照明は「ガス灯」の様なランプにして程良い明るさにします。店の看板も図の様な文化的なものに限ります。全て100年前の欧州の田舎の繁華街の雰囲気にして従来の日本の様な
パチンコ屋の電飾看板の様にやたら明るい商店街にはしません。レストランも暗い中にテーブルスタンドを置いてゴージャスな雰囲気にします。
基本的にまず、商店街の店舗は洋風、和風とゾーニングで区別して、和菓子屋の隣りに洋品店が並ぶ従来的な日本の商店街にはしません。ラーメン店は和風ゾーンに入るでしょうか。
図2.上からの説明図ですが、店舗内は完全には仕切りません。隣りの店舗に移動が出来ます。建物奥側は商品のバックヤードです。
所々に人が溜まるスペースを設けてケヤキを植えるなり、噴水などを配置して廻りにはベンチを並べます。ここで音楽演奏などの路上イベントを催すのは効果的です。
この施設全体をアトリウムの様に大きなガラスで覆うのは雨天の為には効果的ですが、規模が大きく施設の施工費用が嵩みます。
2階の窓辺にペチュニアなどの花を並べて、またあちこちに丸いテント付きの椅子テーブルを配置してなるべく人が留まる様にします
建物は3階建てにして3Fは事務室や従業員の休憩室にします。1F2Fの奥は商品のバックヤードにします。
レストランや喫茶店なら店先に椅子テーブルを並べて、「人の賑わい」を演出します。
全体的に欧州の田舎町に訪れている様な異文化の雰囲気を演出する事だと考えます。
当方は怪しげなコンサルタントでは有りません。広告業界で絵を描いておりましたが現在は都市計画関連などや地方活性化の説明図たたき台作成が最近多い仕事です。
本来、検討会(ディスカッション)ではこういう具体的プランをA案、B案、C案と並べて、個々に付いてあ〜だこ〜だとディスカッションしてこそ実の有る結論が出ますが、
案の材料が何も無いままでは抽象論の応酬で終わってしまい、意味の有る結論が出ません。
考えるプランは他にも様々有りますが、実際ご依頼を頂けばオリジナルな計画を作成します。又ご依頼の成果物をホームページに載せる事は有りません。
当方は商店街の再生問題を解決すべく依頼者と一緒に考えます。デザインプランニングのコンサルタント料などは頂きません。
その為の説明図作成日数分の手間賃だけを頂戴します。納得出来る結論を出す迄対応します。途中延べ日数は連絡致します。

上から
上からの説明      上の形状が有った場合(制作日数 1.0日)

シャッター通り  

次に「既存の商店街の作り直し」を考えました。「住宅密集地の中の商店街」の場合のプランです。
ごく簡単に説明図を作成しましたが、実際には何度も説明図作成を繰り返して依頼者に納得頂けるプランを考えます。
簡単に書きますと、一旦更地にしてから和風、洋風にゾーニングするのは上の例と同じです。従来の商店街には無い所々歯抜けの様な場所をわざと設けて、ここを常時イベントを催してなるべく
「人の溜まり場」を創ります。中心には噴水或は大きな樹木などを植えるのが良いと思います。繁華街は「人」が人を呼んでくれる訳で、常に人を集める為にはイベントやベンチ設置は欠かせません。
移動屋台のクレープ屋さんやメリーゴーランドで流れるような音楽を流した飴細工の屋台も良いと思います。毎日がお祭り、カーニバルの雰囲気は良いと思います。
従来の様にただ単調に店舗を並べるのではなく、店先はランダムにデコボコにします。
看板も欧州的なデザインにして、従来のパチンコ店の様な派手な電飾看板は設置しません。ガス灯の様に適度に暗い中にランプの灯りや店の中の明かりが見える全て「上質な雰囲気」を醸成します。
アーケード1 図3.(制作日数 2.0日)
説明図は、間仕切りを説明する為に分かりやすく店舗の屋根を省いて描いています。
アーケード2 図4.(制作日数 2.0日)

図3.はイベントスペースの中心に緑の木陰を創り、人をベンチに座らせて「人のたまり」を創ります。
図4.はガラス屋根のアーケードの図で、噴水広場にしました。
店舗屋根は描くのを省いて2階の間仕切りが見える様にしました。ご覧の様に間仕切りは完全には仕切らず行き来が出来る様にします。
店舗の奥は商品のバックヤードにする事も上と同じです。舞台裏は一切お客さんには見せません。
日本では多くのコンビニに屋根が無いのを以前から不満に思っておりますが、実は建物の「屋根形状」は重要だと思います。無駄でも屋根は魅力的な商業施設の雰囲気演出の為に設けます。
光源はLEDでも構いませんが、灯りは全てすりガラスの白熱灯色にして蛍光灯は用いません。
更に詳しい内容は別ページを設けて内容を少しづつ書き足していく予定です。ご依頼をご検討される方は商店会名、ご担当様名を明記の上ご連絡ください。ページアドレスをご案内します。
個々の具体的なプランはご依頼の際の資料を拝見してから煮詰めて行きます。ご依頼をお待ちしております。


Copyright (C) 2006 建築パース・情景描写でユニークなプレゼン工房.Allrights reserved.