建築パース-プレゼン工房建築パース-プレゼン工房都市計画のプレゼンテーション>築地再開発「食のワンダーランド」 CGパ?スのプレゼン工房

パース見本一覧 都市計画のプレゼンテーション 住宅パース・その他のCGパース マンションパース・他の建築 販売促進の提案説明図 イベント企画のイメージ 人物イラスト2
住環境の国際比較  都市計画のプレゼンテーション 住宅パース・他の建築  プレゼンテーションの説明図  情景描写とCGパース 
販売促進の提案説明図  3Dパースと人物イラスト  店鋪パース・商業施設の内観外観  イベント企画のイメージ  人物イラスト

ホーム パ?[スX作成ャ方法の特長 作業の流れ 見本一覧 プロフィール 概要・料金 お問い合わせ



食ノテーマパーク01

勝手ながら小池都知事さんの築地再開発記者会見から「食のワンダーランド」を私なりに絵にしました。

SNSをご覧になった方から「この画像は小池都知事さんサイドと関係があるのか」と問い合わせが有りましたが、当方が勝手に描いているもので全く関係は有りません。

築地「食のテーマパーク」
小池都知事さんの記者会見を題材に絵を作成してみました。築地は「食のテーマパークを目途とする・・東京を牽引する一大拠点とします」との事です。
記者会見内容をベースに私成りにアレンジして作成しました。会見内容では築地に「市場機能を持たせる」などの事でしたが、
これは内容が分かりませんでしたので考慮しませんでした。 敷地の南側,東側は親水型式としてホテルやテーマ館屋上からの眺望を重視しました。
地下広場では魚のセリ風景をショーにして見せたり、マグロの買いたいショー、海産物の叩き売りショーは地下広場でイベントとして催します。
又「マッカーサー道路をトンネルに」は時間的に無理の様ですので地上にしました。車いすは3つのテーマ館からエレベータで下ります。
ツインタワーとの事でしたが、3本のタワーにしました。3本を束ねて上空を空中回廊で繋ぎます。耐震や2階建ての避難路としての意味が有ります。
多少、会見内容とは異なるとは思いますが、以下に順に説明致します。

全景、夕方  制作日数(全てで40日)

食のテーマパーク02

中央部分は出来るだけオープンな雰囲気を重視して、半分がアトリウム部分、半分がサッシの格子状部分の2通りで覆いますのでサッシ部分は雨が降ります。
3つの3建てのテーマ館屋上も同様にガラスとネット部分の重ね葺きです。遮光程度のものです。 屋上ではバーべキューなどとビヤガーデンです。イカの一夜干しやらホタテのバター焼きなどネタは豊富ですね。
1日に5回食べても年に何度来ても全ては廻りきれません。

全景、午前中

食のテーマパーク03

向こう側の2棟の建物はテーマパークには付き物のホテルです。地方や海外からの観光客に宿泊して貰う為のホテルです。宴会場なども設けます。下層階は駐車場です。
丸い建物は全て駐車場だけです。
テーマパーク地下は店舗と、そのバックヤードや、食品搬入の為の搬入路などに、地下2Fは一般駐車場、南側の駐車場は観光バス専用で、
眺めを考えてテーマパーク南側には建物を並べませんでした。手前が浜離宮で南側ゲート前からペデストリアンデッキ(渡りデッキ)で移動出来ます。
南側、隅田川側にも階段状で降りられる親水タイプです。理想はお台場の様に幅広の砂浜にしたかったのですが、条件的に無理でした。
テーマパークの中央を5m凹ませ、周りとタワー下部分を店舗とします.地下へは地上から3カ所の木造階段で降ります。車いすは3つのテーマ館からエレベータで下ります。

北側ゲート正面
食のテーマパーク05

ホテルや3階屋上のビヤガーデンからの眺望を重視して、南側、東側には建物を計画しませんでした。
ゲート両脇の高い建築物は「火の見やぐら」です。全て江戸時代のテイストですね。
基本的に「江戸の町」という概念で作成しました。 灯籠や大きな提灯を照明にします.現代的な照明は用いません。夜は全体的に少しほの暗いです。

築地北ゲート2
食ノのテーマパーク09

築地北ゲート3
食のテーマパーク10
看板は昔は西洋でも東洋でも文化でしたが、現代に於いては町の景色を引き下ろす無粋なモノですね。

内観1照明は、やや「ほの暗い明るさ」として店舗が目立つ様にしました。

食ノテーマパーク06

内観2 地階部分ではマグロの解体ショーや叩き売りショーなどで買った海産物、保冷ロッカーに入れます。またここから地方発送も出来ます
食のテーマパーク07

内観3
食のテーマパーク08

断面1
食のテーマパーク09

断面2
食のテーマパーク10

食のテーマパーク11
地下広場のドームを外した状態






配置図

ゲートと生け垣で囲まれたエリアが場内、その他が場外です。

配置図 職員の為の通路出入り口は南、西、北の3カ所に設けますが、一番大きな出入り口は築地の直下に出来る地下鉄駅からに成ります。

配置図

中国広州の再開発今回のプランデザインでヒントにしましたのは、中国の地方都市広州の再開発プランです。
これを3つのテーマ館のデザインのヒントにしました。他は私の頭をしぼりました。
私達日本人は遺伝的に造形能力が無い。これは致命的です。今後も世界の発展からは取り残されると思います。
広州の再開発プランで感じた事は直線要素ばかりに成りがちな都市のデザインの中で「有機的要素」を取り入れた
事で魅力的風景に成ったと思っています。
日本は地方衰退少子化で右肩下がり。詳しい内容は省きますが、これらは日本の「おっさん感覚」が全ての元凶だと思っております。「左脳タイプと右脳タイプ」でご覧下さい。




築地再開発「食のワンダーランド」をYouYubeにアップしました。



豊洲の商業施設の撤退
YouTubeで見たのですが、昨年豊洲市場では江戸の町並と温泉施設でにぎわいを持たせる計画の商業ゾーンを作る計画であったが、メイン道路(都道)からの食材搬入禁止や
近くの温泉施設の閉鎖予定が閉鎖されずに延長されるとかの理由で、計画から撤退を決めたと言う。下の図で赤いのがその商業施設らしい。
YouTubeでの説明図を見る限り、計画レイアウトも場当たり的、付け足しで、動線も何も考えられていない。コメンテーターも同意見だった。
首都の注目の計画さえこんな風ですから、日本の都市計画も地方再生計画も「日本人には無理な訳だ」と言う事がこれを見るだけでも分かります。
この業者さんの計画撤退は賢明だったと思います。お客さんは集まらないと思いますね。
これも私ならもう少し気が利いたプランを考えますが、いかんせんもう建物が出来てしまった今からではどうにも成りません。
「左脳タイプと右脳タイプ」よろしかったらご覧下さい。

食のテーマパーク13
ワイドショー"みやねや"YouTubeの画面から


Copyright (C) 2006 建築パース・情景描写でユニークなプレゼン工房.Allrights reserved.