建築パ−ス-プレゼン工房CGパースうまい建築パース制作会社都市計画のプレゼンテーション>売れる分譲住宅の見本-02 CGパ−スのプレゼン工房

パース見本一覧 都市計画のプレゼンテーション 住宅パース・その他のCGパース マンションパース・他の建築 販売促進の提案説明図 イベント企画のイメージ
住環境の国際比較  都市計画のプレゼンテーション 住宅パース・他の建築  プレゼンテーションの説明図  情景描写とCGパース 
販売促進の提案説明図  3Dパースと人物イラスト  店鋪パース・商業施設の内観外観  イベント企画のイメージ

建築パース-プレゼン工房のホーム 建築パース-作成方法の特長 建築パース-作業の流れ 建築パース-見本一覧 プロフィール 建築パース-概要・料金 お問い合わせ


住宅・その他のCGパース

売れる分譲住宅の見本-02

「住環境 比較」で検索しますと「住環境・総務省統計局」と言うページが出てきます。
これに依ると日本はアメリカに次いで住宅が充実した国になります。
また「住宅 国際比較」で検索しますと「2住宅に関する現状と課題・国土交通省」と出てきます。
これに依ると、日本はアメリカと比べても住宅に関してさほどの遜色が無い事になります。

上のお役所発表の2例は日本の現状とは大きく異なります。

「売れる分譲住宅」と見出しに書きましたが「30才前後の女性が好む住宅環境デザインは」と言うテーマで考えますと
自ずと「洋風タイプ」となります。
今はどの住宅会社も和風の住宅街は考えません。
ちょうど昨今の結婚式はウエディングドレスの洋風が圧倒的で、神前結婚式や仏前結婚式は極めて稀です。
クリスチャンでも無いだろうに、女性の好み優先で皆当たり前の様にキリスト教の神父さんの前でキスをして永久の愛を誓う。
誠に奇妙なものですがこれが現実です。
神前仏前ではロマンチックが無いですからねえ、分からなくも有りません。
このトレンドで考えると「洋風」それも凡庸では無い、より大人っぽい本物の洋風の住宅環境を形成すれば住宅はどんどん売れるのでは
と考えますが如何でしょうか?
書店の店頭には華やかな女性雑誌が所狭しと並んで、日本の20代の女性のファッションのこだわりたるや世界でもトップレベルでは無いでしょうか?
 良くは知りませんがいかがでしょう?

市場原理の中で、車をはじめ家電でも何でもその分野のエキスパートが機能やデザインを十分研究し、
これでもかと言う具合にオシャレで多様な商品プランをリリースしますが
一方、極めて高額な商品で有る住宅は、住宅関連事業者や街場の不動産屋のオヤジさんの感覚で若い女性ユーザーのニーズとは
ミスマッチなのがとても奇異な感じが致します。
これは上のブライダルビジネスの様に、お客さま(女性)の好み(ロマンチック)にシフトしていないからでは無いだろうか?
また、プレハブ住宅メーカーの作る細鉄骨にベニヤ板や薄いパネルの「軽いペラペラ住宅」ではなく、本物の欧米感覚の味わいの有る
ずっしりとした感じのトラッドな
↓こんな住宅プランは如何でしょうか?
販売方法だけで無く、ユーザーの好みへの対応が的はずれと言った感じが致します。工業製品ではなく工芸製品の味わい。
家を売るのではなく「街を売る」と考えるべき。

(制作日数 5.5日)朝の眺めです。
売れる分譲住宅-02-1

掃き出し窓というのは外国では少ないですが、引違い窓ではなく観音開きで1階部分には細い格子を付けました。
破風は少し厚めで煙突が住宅街の高級感を感じます。
屋根板を押さえる金物は一番分厚く幅広なものを使って下さい。内装の幅木の幅も10センチ以上にして下さい。
住宅フォルムは一般的な建て売り住宅街よりは「個」を重んじてバリエーション(変化)を付けました。
余り行儀よく整列しているプランではお役所が作るような感じでそれを
避ける為です。
逆に屋根の色や素材は統一する。従来日本の優良住宅地でも
わざと屋根の色を変えていますが、世界では統一している事が多い様ですね。
屋根の色の統一だけでなく、土木建設建築設計施工業は購入者の「趣味の良さ」というニーズを考えず、
施工する側のセンス感覚で作ってその結果売り難くしているように思います。
屋根がアティックになって急こう配で施工は足場が必要になりますが、雪下ろしが必須の地方では有効です。
客商売ですから何よりお客さま(30歳女性)の目線で商品考えて下さい。建物デザインの魅力は屋根のフォルムに有るのかも知れません。
日本の都市の景色を鳥瞰すると建物は皆
フラットな陸屋根でどの都市も同じで特長が有りませんし景色に魅力を感じません。屋根は街の景色を形成する大変重要な要素だと思います。
ウッドデッキには腐らない様に雨対策で上部にはガラスを付けました。プランは100年単位で考えてください。
敷地は日本では極力水平にしますが、ここでは敢えて自然な斜面のままで、
不粋な間地ブロック等で法面の土留めはしません。生け垣部分に土の「うね」を作るだけで
外構工事に費用を掛けません。植栽は、ご覧のように苗木を少なめに植えますとやがてこれが大きな樹木に成長して
洋風の環境になります。決して枝は切りません。
「うちの庭は我が家のサンクチュアリ。他人にはとやかく言わせない」という従来の日本の考え方では無く建物外感や庭の緑、
景色全体が街の共有財産であり、
建て替える場合には街の住民全ての許可が必要と言うのが欧米の考え方の様です。何よりも「調和」を重んじるのでしょうね。

私のこだわりで、グーグルアース、
ストリートビューで地球散歩
で沢山の世界の住宅地を眺めますと、日本の住宅環境が如何に個人主義で無計画であるかが分かります。
売れる分譲住宅の見本-01でも書きましたが、
質の良い住まいとは個人が思い思いに注文で建てる事では無く大きなロットの「センスの有る建て売り住宅街」に
その価値が有ると思います。
ロットは大きいほど価値が有る。出来れば私鉄沿線の駅を中心にして街丸ごと供給側が協定で調子を合わせる「調和」にこそ 住宅街の価値が有ると考えますが
なかなかこういう計画は有りませんね。

(制作日数 5.5日)昼間の眺めです。
売れる分譲住宅-02-2.pg.jpg

売れる分譲住宅の説明図

外構には費用を掛けずに自然のままの芝斜面。生け垣部分に土の「うね」だけ作ります。

売れる分譲住宅-01

売れる分譲住宅-03

お問い合わせのボタン


Copyright (C) 2006 CGパースうまい建築パース制作会社・情景描写でユニークなプレゼン工房.Allrights reserved.