建築パ−ス-プレゼン工房 CGパースうまい建築パース制作会社 -プレゼン工房都市計画のプレゼンテーション>CGパースに付いての諸々 CGパ−スのプレゼン工房

パース見本一覧 都市計画のプレゼンテーション 住宅パース・その他のCGパース マンションパース・他の建築 販売促進の提案説明図 イベント企画のイメージ
住環境の国際比較  都市計画のプレゼンテーション 住宅パース・他の建築  プレゼンテーションの説明図  情景描写とCGパース 
販売促進の提案説明図  3Dパースと人物イラスト  店鋪パース・商業施設の内観外観  イベント企画のイメージ

建築パース-プレゼン工房のホーム 建築パース-作成方法の特長 建築パース-作業の流れ 建築パース-見本一覧 プロフィール 建築パース-概要・料金 お問い合わせ


「CGパース」に付いて纏めました。

昨今不動産広告などで日常的に目にするCGパースの歴史、用語など様々な事をまとめております。

CGパースの見本

「CGパース」は今や必須なアイテムです。

「CGパース」は広い意味で3Dソフトを用いて3次元の形状を2次元に表現した画像の事である。難しく言う事ではなく不動産広告など
建築パースが代表的な用途です。
また「3Dパース」という言葉が有るが、同じ意味だろう。3D(スリーディメション)という事で、縦横高さの立体を3次元で表現したものである。
CGパースは大変広い意味で、それまでの紙に絵の具を使って描く完成予想図ではなく、パソコンで3Dソフトを用いて平面図、正面図、側面図を
見ながら立体図にする絵の事だと思います。
主に工業製品を立体図にする事であるが大部分の用途は建築分野の仕事が多いと思います。植物や動物をCGで表現する事は不可能では無いですが、
絶対需要が少ないしやはりプリミティブ(単純)な形状の工業製品の立体表現のCGパースが多いですね。静止画ではなくパラパラアニメの様にして
「動画」で表現する方法もどんどん発展してきました。
今は秒間24コマではなゲームの世界では秒間60コマというのもあるらしい、CGゲームはあまり詳しくないので割愛しますが、映像で影表現を省く
と動作が良くなるとかの理屈は静止画と同じと感じました。今はCGゲームは大変進歩してとても撮影できない場面をリアルに表現するゲームも増えました。
CGパースがそれまで紙に絵の具で表現するパースと決定的異なる事は、何と言っても「透視図の作成」が不要な事でしょう。2点透視3点透視と
「透視図」作成は私も当時から大変厄介で苦労しました。しばらく「透視図」作成を怠ると忘れてしまう。CGパースはこういう厄介な透視図作成が
不要な事が、CGパースを操作する人が増えた大きな理由でしょう。
工業製品の立体表現ですから、形状が有機曲線というのは大変少なく主に四角や円などプリミティブ(単純)形状を入力してその集合体を
立体表現で表す事が多い。
図面を立体形状に表す「透視図」というのは絵の具で描く完成予想図の時代から有りましたが、40年前?既にに電子計算機で作成したそういう透視図を
青焼き状態で見た事があります。
当時の図は「陰線処理」がされておらず完全ワイヤーフレーム状態でした。当時の電算機では見えないところを消す事が出来なかったのでしょう。
今から15、6年ほど前にCGパースを目にし始めまして、私もそれに飛びつきました。
最初は分からない事だらけで画像は「単純レンダリング」といって光が対象物に当たってその一部が跳ね返って他の面を照らすという自然現象とは異なり、
光は当たったままですから全くの「べた塗り」状態です。その画像を絵描きのセンスでグラデーションを付けてそれらしくする訳ですから、
当時から絵描きであるか否かは大変重要な事でした。
絵が描けないパース屋の青果物は安直な仕上がりで、こういう職業には向きませんでした。
やがて光が対象物に当たってその一部が跳ね返って他の面を照らすという自然現象に近い表現の「複雑レンダリング」という方法はCGパースを始めて
間もなく知りました。

しかし、当時のPCでは計算が「複雑でレンダリング」には大変長い時間が掛かり全く実用には向きませんでした。それから数年ほどしてPCの計算速度が
飛躍的に向上しメモリーも格段に安くなる時代になり「複雑でレンダリング」が可能となった訳です。私はその頃から「複雑でレンダリング」のCGパースを
独学?で研究し他よりは少し早く「複雑でレンダリング」仕上げの建築パースを作成するようになりました。
作成作業や計算処理を早く終わらせる様々な工夫が今も企業秘密のノウハウです。
現在世界中にCGパースを作成する3Dソフトは恐らく100以上は有ると思いますが、やはりアメリカ製が多い様です。次いでドイツやオランダ辺りの
有名なCGパースソフトが多いですが、中でも有名なのは3DMAXというアメリカ製ソフトが有名です。が、私は実はこのソフト50万円と高額ですが、
その割に今ひとつ納得できない部分も有り、中堅クラスでもっと良いソフトを見つけて使っております。
一応パース屋を始めた初期段階に3通りのCGパースソフトを試して今のソフトが最も良いと結論付けて依頼もっぱらそれを使っています。他のソフトは
もう使い方を忘れて使えません。
世の中には様々なCGソフトを比較検証してその講釈をネットで書いている人を見掛けますが、私にはそれがとても神業でそんな芸当は出来ません。
それぞれのソフトにはショートカッボタンが決まっており、それぞれ場所が異なる為、複数のCGソフトを使いこなす事は私には頭が混線して使えない訳です。
今はもっぱら1つのソフトで作成しております。

CGパースソフトはまだまだ奥が深い

最近CGパースのサイトを比較してみますと多くが「フォトリアル」を強調しますが、今の時代CGパースに於いて「フォトリアル」は当たり前の時代ですから
これは如何なものでしょうか? ただ「フォトリアル」を強調するのではなく、「こういう分野が得意」だとか「こんな特徴が有る」と強調した方が良い様に思いますが、
余計な事ですから当方は「売れる建築パース屋」を強調しております。
「フォトリアル」が当たり前になった最近のパースの世界では以前よりは特徴がなくなり槍伝い時代になりましたが、それでも作風には僅かに特徴が有ります。
一見特徴が少なくなりましたが、CGソフトの中にはファブリック(布もの)が得意なものや植物をレンダリングするCGソフトなどそれぞれ得意分野が有りますから、
そういった特徴的なソフトは今後も補助的には使居分けて行こうは考えております。
CGパースは単に天地クパースのように立体ブトォ表現するばかりではなくゲームの世界では当たり前の「物理計算」というのがお家芸です。
この機能はどんな祖父tにも有ります。例えば積み木を積み上げてそれにボールを当てて壊すとあたかも積み木が崩れる様な自然な表現の動画が可能です。
また煙ががモクモク立ち上がる表現も可能です。その他普段使わない機能は様々有ります。
1つのソフトを極めても、まだまだ奥が深くて様々な機能の多くを使い尽くしてはおりません。今後も使い方のアイデアや発見が有るものと思います。
当方は「売れる建築パース」「儲かるパース」尾言う事を前面に出して営業しておりますので、あまた有りCGパース屋の中でもトップクラスと認めてもらう事が
大きな目標で。仕上がりは1流で、料金は2流が稼業を続ける上での大きなモットーです。



 

お問い合わせのボタン


Copyright (C) 2006 CGパースうまい建築パース制作会社・情景描写でユニークなプレゼン工房.All rights reserved.