建築パ−ス-プレゼン工房建築パ−ス-プレゼン工房ストリートビューで住環境の国際比較>フランス/フランス北部の村CGパ−スのプレゼン工房

住環境の国際比較  都市計画のプレゼンテーション 住宅パース・他の建築  プレゼンテーションの説明図  情景描写とCGパース 
販売促進の提案説明図  店鋪パース・商業施設の内観外観  イベント企画のイメージ  人物イラスト 



フランス/フランス北部の村

フランス北部の村周辺のストリートビュー

いままで特徴的で無い絵にならない町はスルーして絵になる住宅地を選んで並べておりましたが、いやそうでは無い町(村)もたまには並べようと考え、この町を並べました。
昔、建物は道路境界線に立ち並び、建物に囲まれたスペースが出来た様です。そしてその裏庭スペースを案分するとなって建物の間口分に分けたのでは無いでしょうか?
この辺りの古い町は全てそうなっています。長い所では裏庭でキャッチボールが出来ますね。
フランス北部の村01

恐らく200年以上前に形成された村でしょうか?典型的なパターンで道路境界線いっぱいに立ち並んだ町並み(しかしここは歩道も有る)の様です。
欧州は殆ど100%電線は埋設と有りますが、時々ストリートビューに電線が写る事が有ります。がしかし、日本の電線の様な蜘蛛の巣状態では有りません。
たった数本で事は足りると言う証明ですね。
TVアンテナの林立も嫌うはずですが、ここでは共同アンテナと言うものは無いのでしょう。
フランス北部の村02

同じ場所です。人っ子一人いない風景はちょっと寂しい感じですね。狭い道幅なのに両側に歩道が有る。昔は栄えたが今は取り残された町なんだろうか、もっとも欧州中人はあまりカメラには写っていませんが。
フランス北部の村03

早くから社会基盤が整備された欧州には電線電柱は無いものと思って来ましたが、この村でもそれを発見しました。ひょっとして今迄スルーして来たフランスの小さな町にはまだ電柱は有るのかも。
しかし、小さな村にはストリートビューがまだ無いので、確認は出来ません。ドイツには無いでしょう。我が国の電線のように蜘蛛の巣を這ったようにはなっていない。
フランス北部の村04

こうしてみると、電柱が有る風景はとり残された寂しさを感じますね。してみると、電柱電線だらけの我が国は欧州から見て先進国などとは微塵も認識しておらず、
ただやたら人が多い後進国と解釈しているのだろうか。
フランス北部の村05

欧州にまだ電柱電線が有る事ははじめて知った。しかしこれは極めて珍しいと思う。100%無電線だそうだからこれは数にうちに入らないのかも
電柱が有る景色は取り残された後進性の象徴かも知れない。この景色はフランス北部だったかベルギーだったか定かには覚えていない。
電線電柱の有る風景は人影が無い勢も有るが、うら寂しい感じがする。生け垣の手入れも怠っているようだ。
フランス北部の村06

しかしフランスの例は、我が国の「21世紀を指向した比類なき計画のニュータウン」にまっ先に立った電柱の様に目立つ程では無い。
電線は上の例の様に2本有れば足りる様に思うが、日本の電線はTVケーブル、通信用ケーブル、一番上の3本は「3相電源」と言って割安料金になっている工業用モーターを動かす為のもので、工場は作れない筈の第一種住専区域には不要なものなんですが、美観など知ったこっちゃ無い国の決まり事でこういう景色になっています。世界に恥ずかしいなんて意識はさらさらも無い。「21世紀を指向した・・」などと謳うならまっ先に埋設しなければならなかった事なのに。しかも電柱は、いずれも歩道のまん中に立っている。車椅子に配慮は考え無かったのか。こんな風景は計画側のレベルが知れます。
フランス北部の村07


世界の住環境

世界の住環境

Google earthで眺めると

日本(主に東京)と海外の住環境計画の比較をしてみました。
CGパースがらみでグ−グルアースのストリートビューを使う機会が時々有り、世界の住宅環境を眺めて見ますと普段も薄々は感じていましたが、我が国の都市計画の無さが良く分ります。
例にしたのはまだ一部ですが、日本の”都市無計画”に慣らされている私には驚きそのものです。担当する然るべき行政が如何に何も計画してこなかったかという事には腹立たしさすら感じます。
グ−グルアースで見ると我が国の都市計画問題の根本が分かると思いますのでご覧ください。

途中からストリートビューを交えて視覚的に一層分かりやすく並べます。
画像は徐々に増やして参ります。最終的には恐らく100ページを超えるだろうと思いますが、途中感想など挟みながら増やして参りますので時々ご覧ください。
また、世界の中で私達の環境だけがこうも世界とは異なるのは一体どう言う理由なのかも凡そ理解はしております。何れまとめてみたいと思っております。
まずは、「横並び好きな私達」の環境(都市計画)が逆に「世界の中でこうも異質」という事をご覧下さいませ。下の続き番号からご覧下さい。

ご意見ご感想等ございましたら、どうぞ下のお問い合わせボタンからメールをお送り頂けましたら幸いです。

 世界の住環境

プレゼン工房のトップページへ    お問い合わせのボタン


つづく→ 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

31からは→こちら

イギリス   1 
フランス   2 19 20 21
ドイツ    3 5 6 7 13 14 
スイス    17 18
ベルギー   9 10 11 12 15
デンマーク  22 23 24 25 
ノルウエー  26 27 28 
スエーデン  29 30

おすすめ比較 4 6 8 9 10 11 16 27 28

関連ページ

地域活性化策の提案説明図の作成

戸建て住宅の一覧

建築パース/都市計画パース関連の一覧ページ

建築パース/都市計画のプレゼンテーション


Copyright (C) 2006 建築パース・情景描写でユニークなプレゼン工房.Allrightsreserved. カウンター