建築パ−ス-プレゼン工房建築パ−ス-プレゼン工房住環境の国際比較> 住環境のページ・ベルギー3 CGパ−スのプレゼン工房

パース見本一覧 都市計画のプレゼンテーション 住宅パース・その他のCGパース マンションパース・他の建築 販売促進の提案説明図 イベント企画のイメージ 人物イラスト2
住環境の国際比較  都市計画のプレゼンテーション 住宅パース・他の建築  プレゼンテーションの説明図  情景描写とCGパース 
販売促進の提案説明図  3Dパースと人物イラスト  店鋪パース・商業施設の内観外観  イベント企画のイメージ  人物イラスト

ホーム パース作成方法の特長 作業の流れ 見本一覧 プロフィール 概要・料金 お問い合わせ



ベルギー3

ベルギーの住宅街ストリートビュー3

住宅団地の俯瞰です。日本の場合は同じスペースにこの倍以上に詰め込みますね。道路も広い。屋根瓦は茶色に統一です。グレーのエリアが有っても混在はしない。
現代の立て方は、道路から何メートルかセットバックしたところに建物を建て、建物裏にプライベートな庭が有ります。ヨーロッパ中の新しい住宅地がこういう方式です。特別なものでは有りません。
ベルギー2-01

ここはどうかは分りませんが、中世の町は廻りを城壁で囲い、外からは異教徒が攻めて来たりや魔法使い、追い剥ぎやジプシーが住むと言った事で、城壁の中は領主を中心とした
コミューンとして治安自治のルールを市民で決めていた。従って古くから「社会性」が有ったのでしょう。町の中は何もかも共有感覚という事で。
やがて町のはずれに巡回する駅馬車のステーションが出来て今度は駅を中心に広がっていくと言った感じでしょうか。この町がそうでは無いかもしれませんが、
欧州はそんな風に町が形成されていったそうです。 生命財産は領主に守っては貰えないで各個人で守る日本とは形成された背景が違うのでしょう。
ベルギー2-02

これが中世の町の町並みです。イギリススコットランドの田舎町のようにも見えますが、建物はやはり道路ギリギリに建て、裏を庭としていた様ですが、
こういう古い所では明確に裏庭という感じでも無い様です。
ベルギー2-03

上の場所の俯瞰です。これはかなり昔に出来た村のようで、自然発生的に形成された町の様です。
ベルギー2-04


プレゼン工房のトップページへ    お問い合わせのボタン


つづく→ 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

31からは→こちら

イギリス   1 
フランス   2 19 20 21
ドイツ    3 5 6 7 13 14 
スイス    17 18
ベルギー   9 10 11 12 15
デンマーク  22 23 24 25 
ノルウエー  26 27 28 
スエーデン  29 30

おすすめ比較 4 6 8 9 10 11 16 27 28

関連ページ

地域活性化策の提案説明図の作成

戸建て住宅の一覧

建築パース/都市計画パース関連の一覧ページ

建築パース/都市計画のプレゼンテーション


Copyright (C) 2006 建築パース・情景描写でユニークなプレゼン工房.Allrightsreserved.